2018.02.16 彩凛華2018
彩凛華2018


十勝川温泉の真冬を象徴するイベント、彩凛華(さいりんか)に行ってきました。

散りばめられた色とりどりに光り輝く三角錐が未体験の感動を呼びます。
音と光を連動させ幻想的な空間を演出するファンタジックショーは息を呑む美しさですが、
寒いので長居はできませんでした。。

180216_1.jpg



スポンサーサイト
2018.02.14 氷灯夜2018
毎年2月14日に開催されている「氷灯夜」。

今年から始まった「インスタグランプリ」に参加してみましたが、
なんと・・・見事に優勝賞をいただいてしましました。

寒い中、動画を撮って、その場で編集した甲斐がありました。

実行委員のみなさま、本当にお疲れさまでした。


180214_2.jpg


優秀賞の景品でいただきました!!
180214_1.jpg



2月11日、第23回 食と農のつどいが開催されました。

石川かおり衆議院議員と畠山和也前衆議院議員の挨拶、
紙智子参議院議員の国会報告のあと、
岡山大学大学院環境生命科学研究科教授の小松泰信氏による
「“農は国の基” 農業・農村の展望を語る」の講演がありました。

会場は250名でいっぱい。

特に小松さんの講演は、笑いの中に大切な要素がたくさん散りばめられていて、
本当にゆっくりと考え直してみたいなと思いました。
生産者と消費者の対立、食と農の対立、高い値の意味・裏、芽室の農業の意味、歴史、
肥沃ではない火山灰地を豊かな平野に変えてきた人々、芽室農業の歴史・財産はなにか?

誰が手を繋がなければならないのか?
たくさん考えさせられました。

180211_1.jpg


180211_2.jpg


1月20日(土)は、日本共産党芽室町後援会主催の「新春のつどい」が
めむろーどで開催されました。

50人を超える後援会員のみなさんで、
餅つき、カルタ、抽選会、合唱など、大変盛り上がりました。



写真は餅つきの様子。
昨年よりは少しマシになったようです(笑)

180120_1.jpg



ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


2018.01.06 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。

2015年春の統一地方選挙で町議会に送っていただき、はや2年9ヶ月。
政治を動かすのは主権者である国民だと強く実感する日々です。

安倍政権が進める9条改悪を阻止し、原発再稼働、消費税の増税を許さないたたかいと、
住民の切実な願い実現のために、道政・国政としっかりとつながりながら取組みます。

初志・初心を忘れずに、みなさんの声をしっかりと町政へ届けられるよう、奮闘する決意です。


今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。


2017.12.29 年末のご挨拶
2017年もまもなく終わろうとしています。
皆さまにとって、どのような1年でしたでしょうか。

町議会議員になって2年8ヶ月。
議員3年目、委員会の構成も変わりましたが、
議会などを通じて住民のみなさんの声を届けるために全力で駆け抜けた2017年でした。

昨年の台風被害の際に聴き取りした住民のみなさんの声を記録集として発行したことは
大きな反響を呼び、より多くの方に当時の状況や被災住民がどんな気持ちでいたかを
知っていただくきっかけになったものと考えます。

10月には衆議院の解散総選挙がありました。
日本共産党は議席を減らし残念な結果となりましたが、野党と市民の共闘は始まったばかり。
いまの政治は、憲法改正、原発、消費税、社会保障削減、沖縄、核兵器の問題や
森友、加計学園の問題など国民不在の政治が続いています。

どの問題でも、いまの政権の暴走に真っ向から対決できるのは日本共産党だけです。

2018年は安倍政権の暴走政治にストップをかける年にするために、
みなさんと力を合わせて、全力で取り組んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


今年1年、本当にお世話になりました。
よいお年をお迎えください。



2017.12.12

P1270471.jpg


12月議会の一般質問は2つの項目について質問しました。

①スポーツをしやすいまちづくりについて
~スポーツに触れる機会の創出と施設整備のビジョンを~

町民が生涯にわたり生き生きと暮らすためにはスポーツの振興は重要です。
生涯スポーツの推進に向けた方策や、総合体育館周辺の施設整備について、
3点について見解をただしました。
①まちづくり住民意識調査の結果についてどのように分析・評価しているか。
②いつでも気軽にスポーツできるようにするための方策は。
③施設整備のビジョンとスケジュールは。

武田教育長から、
①老朽化した施設や台風災害も影響して数値が下がった。今後も適切な整備と維持管理を行っていく。
②総合体育館などで実施する講座・教室の充実を図っていく。
③温水プールの基本計画に併せて総合体育館周辺の土地利用等の基本計画を策定していく。
と答弁がありました。

再質問の中で、指導者育成について課題があることが明らかとなりました。
また町主催のスポーツイベントの開催検討や障がい者スポーツ推進への取組みを求めました。
施設整備にあたっては、長期ビジョンをもって取組むよう求めました。



②障がいによる差別や偏見のないまちづくりを
~1人ひとりがかけがえのない存在~

昨年4月に障害者差別解消法が施行され、広報誌すまいるなどで周知を図っていますが、
名前も内容も知らないと回答した方が約半数に上るアンケート結果もあります。
障がいがあっても暮らしやすいまちは、誰にとっても暮らしやすいまちづくりにつながると考え、
2点について見解をただしました。
①障害者差別解消法について、今後どのように周知し「障がい」への理解を深めていくのか。
②周知にあたっての具体的な取組みは。

宮西町長からは、
①今後も広報誌やチラシなどで法律の趣旨や「障がい」への理解を深めていく。
②障害者差別解消法に関する講演会の開催や発達支援システムの取組みをさらにすすめていく。
地域の中で認め合える共生社会の実現と理解啓発にこれからも取組んでいく。
と答弁がありました。


2017年12月13日付の十勝毎日新聞の記事。
_20171220_102222.jpg



誰もが健康で元気で過ごせるように、町として積極的にスポーツをしやすい
環境づくりに取組んでほしいと思います。
また、障がいによる差別や偏見がなくなり、1人ひとりが大切にされる、
やさしいまちづくりのために、これからも引き続き取組んでいきます。


12月9日に、社会福祉士会主催の学習会で、社会福祉士としての実践について報告することになりました。

議員をしている社会福祉士は数少ないので日常の実践や議会のことなどもお話しできたらと思っております。

このような機会をいただき感謝ですm(__)m
早く資料仕上げなきゃ(苦笑)




23845032_1491763717611108_946869320_n.jpg



2017.12.04 一般質問通告
2017.12.4


12月議会の一般質問通告日でした。
9時からの受付順になっているのですが、今回も定位置の2番目となりました(苦笑)。
昨年の12月議会から連続5回目の2番手。

初日の2番目というのは、朝の時間で原稿の調整ができることや
傍聴に来られる方が昼休憩を挟まずに済むことや、
自分自身の気持ちの安定(初日に終わらせて楽になりたい)も含めてちょうどよい順番なのです。

今回の質問項目は2つ。
①スポーツをしやすいまちづくりについて
②障がいを理由とする差別や偏見のないまちづくりについて


12日の当日までにしっかり調査研究して臨みたいと思います。
傍聴にもぜひお越しいただけると嬉しいです。
またインターネットでの中継も行っていますのでぜひそちらでもご覧いただければ幸いです。
http://www.memuro.net/gikai/video/video.html




171204_1.jpg



2017.12.2

北海道社会福祉士会十勝地区支部
平成29年度 権利擁護セミナー「ハンセン病の施策の歴史から人権を学ぶ」に参加してきました。

ハンセン病のことはあまり詳しく知らなかったのですが、
社会福祉士という権利擁護や人権問題の専門職として、
これまで無知・無関心・無理解でいたことを反省しました。

らい予防法が1996年に廃止されるまで、さらにいまでも差別や排除が行われていることを知り、
もっと人権に対する意識を高めなければならないとあらためて感じる学習会でした。


171202_1.jpg


学習会で紹介されていた『あん』という小説を帯広図書館で借りて帰ってきました。