FC2ブログ
2019.01.22 献杯
190122_1.jpg


今日は弟の6ヶ月の月命日。

春夏秋冬、季節は巡ってもいつも心に。

輝く月を私たちよりも近くで見ているでしょう。


献杯。



スポンサーサイト
2019.1.20

隣町の清水町議選挙の開票結果がでました。
中河つる子さんは434票で4位当選!

おめでとうございます!!


(投票率は68.77%)

190120_1.jpg


2019.1.19


本日はある老人会にお招きいただいて、議会のことや議員活動のこと、
いまの町の話題などについてお話させていただきました。

その後は昼食も交えながらご意見ご要望もいただき、
貴重なお時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました!!

190119_1.jpg



昨日の夜は初めて!?父親とお酒を飲みました。
何かあったときに運転できなくて後悔するのが嫌だったので
いままで実家に行っても飲むことはなかったのですが…。

来月父親が声帯を切除することになって…なぜか一緒に飲みたいなと思いました。
声が出なくなるのはどんな生活になるのだろうと不安になりなりますが、
しっかりサポートしていきたいと思うこの頃です。

酒は父親が大好きなお酒だそうで、もちろん激ウマでした。


190119_2.jpg




2019.01.18 委員会視察
2019.1.18


昨日は議会運営委員会。
本日は総務経済常任委員会です。

調査事項の質疑のあと、12月に開設となった「栄コミュニティセンター」を委員会で視察してきました。
コンパクトで内装も考えられたつくりとなっていました。
引き続き午後も委員会&ミーティングです。

出席表示盤は新年仕様に!
名前の上に亥が乗っかってますが、わたくしウサギ年です(苦笑)
でも、亥の勢いで今年も邁進してまいります。


190118_1.jpg


190118_2.jpg


190118_3.jpg


2019.01.15 清水町議選挙
2019.1.15

隣町の清水町議会議員選挙が告示となりました。
日本共産党からは中河つる子さんがこれまで50年間続いてきた
共産党の議席を守るためにと決意しました。

告示の朝は畠山和也さんも応援に駆けつけて演説。

私はこの日1日だけ、候補カーのアナウンサーとしてお手伝いしました。

2人はみだしの激戦。
よろしくお願いいたします。


190115_1.jpg


190115_2.jpg



2019.01.14 新春のつどい
1月14日は、日本共産党芽室町後援会主催の「新春のつどい」が
めむろーどで開催されました。

70人を超える後援会員のみなさんで、
餅つき、笑いヨガ、抽選会、合唱など、大変盛り上がりました。
過去最高の参加人数ということです。

今年はバーテンダーに変身。
バー渡辺を久しぶりに開店しました。


190114_01.jpg

190114_03.jpg

190114_02.jpg



2019.01.01 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。

町議会に送り出していただいて4年。
町民のみなさんの声を、町政に届けるために走り続けてきました。
もっともっと届けたい声があります。
2019年は、9条改憲阻止、消費税増税・原発再稼働ストップなど、
地方から先頭に立ってがんばります。

1人ひとりの命が大切にされ、未来に希望の持てる、
国民のためのあたたかい政治へ、全力を尽くします。

今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。


2018.12.31 年末のご挨拶
2018年もまもなく終わろうとしています。
皆さまにとって、どのような1年でしたでしょうか。


町議会議員になって3年8ヶ月。
議員4年目で任期最後の1年でした。
議会などを通じて住民のみなさんの声を届けるために全力で駆け抜けた2018年でした。

いよいよ来年は4月に町議会議員選挙、
7月には参議院議員選挙もあります。


いまどの問題でも、やりたい放題の政治に真っ向から対決できるのは日本共産党だけです。

2019年は憲法を守り、消費税・原発再稼働ストップなど、
みなさんと力を合わせて、全力で取り組んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年1年、本当にお世話になりました。

どうぞよいお年をお迎えください。


P1270471.jpg


今回の一般質問のテーマは、
「移住定住施策の推進で住みたいと思えるまちづくりを」

以下、質問通告文です。

本町の豊かな自然や文化、地域コミュニティ等の素晴らしさを生かして、
外部から人を呼び込むことは、人の交流にとどまらず、
経済、社会、文化等のさまざまな活動の活性化につながります。
また、外部からの新しい視点で地域を見ることで、今まで気づかなかった資源の再発見や、
移住者を介した地域のつながりが再構築されるなど、
単なる人口増だけにはとどまらないプラスの効果があると考えます。
本町では、平成27年度に「芽室町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、
人口減少に向けた目標と重点施策のもと、定住促進の取組みがされています。
また今年度より地域おこし協力隊の採用によって移住のワンストップ窓口化、
移住フェアへの参加、シティプロモーションの推進などが図られているところです。
移住・定住施策の推進は、本町の活性化につながる重要な位置付けであると考えることから、
以下の3点について伺います。
①地域の人・モノ・環境の魅力を引き出して伝えていく「シティプロモーション」の推進や
関係人口増に向けた取組みや情報発信の工夫について進捗状況を伺います。
②移住・定住希望者に対するワンストップの総合相談窓口の設置については
今年度取組むとのことでしたが進捗状況と今後の課題について伺います。
③移住フェアへの参加で見えてきた移住希望者のニーズや課題解決に向けた取組みについて、
地域おこし協力隊の活用も含めてどのように進めていく考えか伺います。


手島町長からは
①来年度「(仮称)芽室町シティプロモーション戦略」を策定した上で、本格的に推進
していきます。まずは食農教育を優先的に取組みます。
②ワンストップ窓口については地域おこし協力隊員がすでに対応している状況です。
人手不足に悩む町内企業と移住希望者を含む求職者のマッチングに向け
「地方版ハローワーク」を設置します。
来年度から地域おこし協力隊を新たに採用し、2020年の開設を目指します。
③移住希望者用のPR動画も作成したため、今後移住フェアの参加で見えてきた
課題解決に向けて取組んでいきます。

との答弁がありました。

再質問では、
・シティプロモーション戦略の対象は、既存住民だけではなく、
町外へも町の魅力を発信していくことが必要。
・イベント開催への積極的な関わりや、情報発信サポーター制度の創設、
地域おこし協力隊と住民が交流できる場の創設等を考えてみてはどうか。
などを提案。

誰もが住みやすい町、住んでみたい町になるよう、住民、行政、議会が協力して
取組んでいくことが活性化につながるのではと最後に締めました。


魅力の発信の工夫や地域おこし協力隊の今後の活動など、
まだまだ注視していく必要性を感じました。


私自身、移住者の視点で、
これからも町に対して提案をしていきたいと思います。




2018.12.17

一般質問が無事に終わりました。
緊張はしませんでしたが、
もう少し聞き方に工夫があれば議論が広がったかなぁと反省。

夕方6時から、公立芽室病院でのロビーコンサートに行ってきました。

初めて行きましたが、患者さん含め60人くらいいたでしょうか。
芽室合唱団の素晴らしい演奏と歌声に癒されました。


181217_1.jpg


こうした取組みを通して入院されている方の癒しの時間になればと思いますし、
もっと芽室の病院に住民の方が思いを寄せてくれるようになるといいなぁと思いました。