上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内、国外の情勢が急速に動き始めた1日。
北海道各地でも大雨の影響で多くの被害が心配される1日でした。

そんな3月9日でしたが、本日からパラリンピックが開催となりました。
18日までの日程で 日本からは38人の選手が出場します。

いつも感じるのはオリンピックとのメディアでの扱われ方の違いです。
出場する選手にとっては同じ価値を持つ舞台であるはずです。
こういうところが平等に扱われるようにならないと
本当の意味での差別や偏見はなくならないのかもしれません。

2020年の東京に向けてメディアがしっかりと伝えていく姿勢を示していくことを望みます。


今回、アイスホッケーに出場する三澤選手と吉川選手は、
車いすテニスの大会にも出場してくれたことのあるお二人なのです。
応援よろしくお願いします!

28951471_1014488882036923_8654269000704512275_n.jpg



スポンサーサイト
本日は3月議会の一般質問通告日でした。
今回も安定の2番目(苦笑)。
いつもの同僚議員と事務局でタイミングよく会いましたので癒しのバトンをつなげられるよう確認(笑)
私の質問は19日の11時過ぎからになりそうです。

今回は、
①道路、歩道の除排雪と間口除雪について
質問させていただきます。
住民からの意見、要望の多い除排雪について、住民のみなさんの声をしっかり聴くことと、
豪雪地域に住んでいた自身の経験や他の自治体の取組みも参考にしながら、
19日の当日までにしっかり調査研究して臨みたいと思います。


傍聴にもぜひお越しいただけると嬉しいです。
またインターネットでの中継も行っていますのでぜひそちらでもご覧いただければ幸いです。

http://www.memuro.net/gikai/video/video.html


28514578_1011939305625214_1441523499072951978_o.jpg



2018.02.20 自宅での活動
13時半から開催されている厚生文教常任委員会の
インターネット中継を観ながらもろもろ作業しています。

本日は15時から芽室町長芋生産組合と総務経済常任委員会との意見交換会があります。

芽室町ではいま農業残渣(長芋つるネット)を活用した「ペレット製造工場」の建設を検討しています。
農業廃棄物を新エネルギーとして活用し、資源の有効活用、地域環境の保全、
エネルギーの地域内循環、雇用の創出の視点からも素晴らしい取組みだと思います。

現場の農家さんの実情を把握することは重要だと思いますので、
みなさんからご意見をお聴きするのを楽しみにしております。


28167839_1004898146329330_5964197580074974980_n.jpg


2018.02.17 原発学習会
原発をなくす十勝連絡会の学習会と総会。

学習会では、「原発やめよう!登別の会」で室蘭工業大学の教授でもある
宮尾正大さんの講演でした。

写真や動画なども交えて現地の様子をお話してくれました。

180217_1.jpg



2018.02.16 彩凛華2018
彩凛華2018


十勝川温泉の真冬を象徴するイベント、彩凛華(さいりんか)に行ってきました。

散りばめられた色とりどりに光り輝く三角錐が未体験の感動を呼びます。
音と光を連動させ幻想的な空間を演出するファンタジックショーは息を呑む美しさですが、
寒いので長居はできませんでした。。

180216_1.jpg



2018.02.14 氷灯夜2018
毎年2月14日に開催されている「氷灯夜」。

今年から始まった「インスタグランプリ」に参加してみましたが、
なんと・・・見事に優勝賞をいただいてしましました。

寒い中、動画を撮って、その場で編集した甲斐がありました。

実行委員のみなさま、本当にお疲れさまでした。


180214_2.jpg


優秀賞の景品でいただきました!!
180214_1.jpg



2月11日、第23回 食と農のつどいが開催されました。

石川かおり衆議院議員と畠山和也前衆議院議員の挨拶、
紙智子参議院議員の国会報告のあと、
岡山大学大学院環境生命科学研究科教授の小松泰信氏による
「“農は国の基” 農業・農村の展望を語る」の講演がありました。

会場は250名でいっぱい。

特に小松さんの講演は、笑いの中に大切な要素がたくさん散りばめられていて、
本当にゆっくりと考え直してみたいなと思いました。
生産者と消費者の対立、食と農の対立、高い値の意味・裏、芽室の農業の意味、歴史、
肥沃ではない火山灰地を豊かな平野に変えてきた人々、芽室農業の歴史・財産はなにか?

誰が手を繋がなければならないのか?
たくさん考えさせられました。

180211_1.jpg


180211_2.jpg


1月20日(土)は、日本共産党芽室町後援会主催の「新春のつどい」が
めむろーどで開催されました。

50人を超える後援会員のみなさんで、
餅つき、カルタ、抽選会、合唱など、大変盛り上がりました。



写真は餅つきの様子。
昨年よりは少しマシになったようです(笑)

180120_1.jpg



ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


2018.01.06 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。

2015年春の統一地方選挙で町議会に送っていただき、はや2年9ヶ月。
政治を動かすのは主権者である国民だと強く実感する日々です。

安倍政権が進める9条改悪を阻止し、原発再稼働、消費税の増税を許さないたたかいと、
住民の切実な願い実現のために、道政・国政としっかりとつながりながら取組みます。

初志・初心を忘れずに、みなさんの声をしっかりと町政へ届けられるよう、奮闘する決意です。


今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。


2017.12.29 年末のご挨拶
2017年もまもなく終わろうとしています。
皆さまにとって、どのような1年でしたでしょうか。

町議会議員になって2年8ヶ月。
議員3年目、委員会の構成も変わりましたが、
議会などを通じて住民のみなさんの声を届けるために全力で駆け抜けた2017年でした。

昨年の台風被害の際に聴き取りした住民のみなさんの声を記録集として発行したことは
大きな反響を呼び、より多くの方に当時の状況や被災住民がどんな気持ちでいたかを
知っていただくきっかけになったものと考えます。

10月には衆議院の解散総選挙がありました。
日本共産党は議席を減らし残念な結果となりましたが、野党と市民の共闘は始まったばかり。
いまの政治は、憲法改正、原発、消費税、社会保障削減、沖縄、核兵器の問題や
森友、加計学園の問題など国民不在の政治が続いています。

どの問題でも、いまの政権の暴走に真っ向から対決できるのは日本共産党だけです。

2018年は安倍政権の暴走政治にストップをかける年にするために、
みなさんと力を合わせて、全力で取り組んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


今年1年、本当にお世話になりました。
よいお年をお迎えください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。