FC2ブログ
2015.11.10 議員研修
151110_1.jpg


11月10日(火)

帯広市議会主催の研修会でしたが、町村議員にもご案内をいただきましたので
芽室町議会からは私含めて3名で参加してきました。

『地方分権時代における議会の役割と可能性について』ということで、
三重県地方自治研究センター上席研究員、高沖秀宣氏による講演でした。


「議会力が高まって住民の意思が反映されたまちづくりが行われるということは、
住民だけではなく、執行側の首長にとっても良いことである」
「議会と首長がクルマの両輪になってはいけない。そんな車には絶対乗ってはいけない。
両輪になるのは議会と議会事務局である」などの話が印象的でした。

これまでは「議会には権限がない」と認識されている、
予算増額修正に関わる件についても、可能なケースがあると、質疑の中で回答がありました。

今回の講演は非常に勉強になるものでありましたし、他の芽室の同僚議員や
執行者側にも聴いていただきたい内容だったように思います。

二元代表制意義について深く考えさせられた有意義な研修でした。



スポンサーサイト