FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
161214_1.jpg


12月14日

本日は一般質問でした。
「災害対応と今後の防災に向けた取組み」について質問しました。
この2日間、家から出ずに質問原稿を作成していたのですが、
今朝7時にほぼ完成しかけたところでパソコンがフリーズ。
すべてのデータ(10ページ分)が消えてしまい…青ざめて手が震えました。。

何から手をつけていいかわからなくしばらくおろおろしましたが、
記憶を呼び戻しながら何とか箇条書きにして臨みました。

質問中はしどろもどろになったり、ドキドキの連続(苦笑)
答弁は別として(笑)、ほぼ自分が考えていた質問はできました。

朝から本当に心臓に悪かったです。
常に自動バックアップとらないとダメですね。
帰ってきたらすっかり力が抜けました。


以下、質問通告書の全文です。


「災害対応と今後の防災に向けた取組みについて」

8月の連続台風により、芽室町をはじめ、各地で甚大な被害を受けました。
芽室川の氾濫により、市街地西地域では大きな浸水被害が発生し、
農村部でも河川はん濫による農地被害等は甚大でした。
従来の経験や発想にとらわれず、あらゆる事態を想定し、
災害の新たな様相や変化にも応じた万全の対策を講じるため、
国や自治体を中心に、防災・避難体制の総点検と拡充をすすめていくことが求められます。
芽室町地域防災計画では住民の責務として「自らの身の安全は自らが守る」ということが
うたわれていますが、住民への正確な情報伝達が前提としてなければ、
自身で身の安全を確保することは難しくなります。
また何らかの支援を要する方については、自助だけでは解決できないため、
公助、共助の果たす役割は非常に大きなものとなります。
現在、町は台風10号に対する災害対策本部の検証をおこなっており、
中間報告が出されたところではありますが、今後の自然災害に備えるためにも、
今回の台風災害における対応について、課題の抽出・分析・解決に向けた取組みは
喫緊の問題であると考え、次の5点について町長の見解を伺います。

① 河川水位情報の管理と情報収集の実態と避難情報等の発令のルールはどのようになっているか伺います。
② 近隣自治体との災害情報等の連携の仕組みや取組みはどのようになっているか伺います。
③ 今回の台風災害について、歴史のひとつとして後世へ残し、教訓として生かしていけるような取組みを
   どのように考えているか伺います。
④ あらゆる災害に備え、専門機関・専門職との連携体制の強化、専門的な知識を有する職員の配置や育成を
   町としてどのように考えているか伺います。
⑤ 行政と地域住民が一体となった防災体制を確立し、地域の防災力を強化することが重要と考えますが、
   町としてどのように取組んでいくのか伺います。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。