FC2ブログ
「共謀罪阻止 帯広講演会」がとかちプラザで開催されました。
会場の定員は40名でしたが、立ち見も出ての100名の参加。

講師は元道警釧路方面本部長の原田宏二氏。
共謀罪は警察の権限強化法、すでに監視カメラ、GPS捜査、DNAのデータベース化など
個人のプライバシーが晒されているとのこと。

監視強化のターゲットは、共産党や運動団体、労働組合などと共謀罪の危険性を訴えました。
警察内部の話しはとてもリアルで恐ろしささえ感じました。

170429_12.jpg


スポンサーサイト