FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本共産党十勝議員団が毎年行っている十勝総合振興局への要望書提出と交渉に出席しました。
管内の市町村議など19人が参加し、39項目の要望書を手渡しました。

介護保険の負担軽減やこどもの医療費助成拡充のほか、
芽室からは「日常からの河川管理の充実」、「美馬牛川の流木、倒木の早期撤去」を要望しました。

170522_1.jpg


西子どもセンターの交通安全対策(信号機と横断歩道の設置)に関しては、
公安委員会関係の要望ということで、5/28に札幌で行われる道交渉で道議団を通じて要望します。



5月17日に現地を調査しました」と帯広警察署交通一課より以下の報告がありました。

「道路の勾配が4.5%ある。4%以上の場所での信号機設置は安全性を確保できない。
町の都市計画では、この道路は道道に格上げになる計画がある。時期は明確ではないが、
その時に道路整備とあわせて対応するのが現時点での判断。子どもたちには十分気をつけて
横断するよう、子どもセンターからも周知してもらうことで話し合ってきた」
との報告でした。

→ 事故が起きてからでは遅いですし、現に昨年事故が起きているのです。
   現時点で信号機設置が難しくても、スピードダウンを呼びかける看板や
   旗の設置など、ほかの方法で早急に対策を行うべきだと考えます。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。